総合インデックス > トップページ >  活動から探す > 事例の詳細

ツバメの雛、自然観察会

【実施期間】

2014年6月21日(土)第1回午後2時、第2回午後3時

【実施団体】

団体名 浜・川・山の自然たんけん隊
所在地 兵庫県西宮市西波止町
ホームページ http://sizentanken.blog.fc2.com/ 


この活動で身に付けられる力 団体が提供する力 参加者の評価(平均)
企画力:
コミュニケーション能力:
実行力:
マネジメント力:
プレゼン力(交渉力):

 

更新日:2014年06月20日

【活動分野】

環境  


【 地域活動の内容 】

日本野鳥の会の「消えゆくツバメキャンペーン」の一環でおこないます。
阪神尼崎駅西出口の左の広場集合。

夏の渡り鳥、ツバメが、阪神尼崎駅に三つの巣をつくりました。雛がかえり、親鳥が一生懸命子育てをしています。その様子を観察し、ツバメについて学びます。

ツバメには、緑地など自然が必要です。枯葉などが巣材になり、飛ぶ虫を餌にしています。ツバメには、人の見守る力が必要です。ツバメは人のそばで巣作りする唯一の野鳥です。天敵のカラスに雛が襲われないようにするためです。でもいま、全国でツバメがへっています。自然がへり、人間のツバメへの関心が薄れているためです。


【 学生・若者が担う部分 】

1、参加して、いっしょにツバメについて学んでください。
2、受付、資料配布、通行妨害にならないように参加者の見守り、記録など、運営のアシスタントを。
3、今年と来年にむけけ、ツバメの巣がどこにあるかの調査、アンケート送付、ツバメの学習会の開催をしたいと思っています。その企画づくりの仲間に。
4、ツバメの豆博士ボランティアになって、ツバメについて説明できるようになってもらえると感謝。


[ 参加者のコメント ]

評価を投稿する

学生・若者による評価はまだ投稿されていません

阪神地域連携情報発信ポータルサイト  地域連携.com

この事業は、兵庫県の地域づくり活動支援事業(県モデル事業)により実施しています。

copyright(c)2012 comisapo.com All Rights Reserved.